デリケート肌を改善しよう!デリケート肌の改善はシャンプーから!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

「デリケート肌を改善したいけど何をしたらいいにかわからない。」

「デリケート肌ってどうやったら治るの?」

なんて考えている方は多いのではないでしょうか?

確かにデリケート肌は遺伝的な要素が強いため改善しようと思っても、完全に直すことは難しいです。

しかし、何もしないとどんどんひどくなっていってしまうため、みなさん何かしらの対策をしていると思います。

今回はデリケート肌を少しでも改善するためにシャンプーについてご紹介しようと思います。

◆アミノ酸系シャンプーがオススメ!

そもそもデリケート肌は肌の周りのバリアがなくなってしまい弱くなってしまっている状態で保湿力も弱くなっています。

そのため刺激の強いシャンプーは炎症などを引き起こすため肌に優しくありません。

そこでオススメなのはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸は人体を構成している基本的な成分であるため、髪の毛や頭皮、体にも優しく馴染んでくれます。

また成分表を見たときに、成分が少ない方がシンプルに作られたシャンプーと言えます。

アミノ酸系のシャンプーは一般的なものに比べ泡立ちはイマイチなものが多いですが、十分汚れを落としてくれます。

アミノ酸系シャンプーの良さは汚れや皮脂はしっかりと落としてくれるが、必要な皮脂は残してくれることにあります。

◆シャンプー選びを失敗しないためのポイント

シャンプー選びで大切なことは自分にあったシャンプーを選ぶことです。

そのため一概には言えませんが、デリケート肌の方に多いのは洗浄力が強すぎないシャンプーを選ぶことと成分表の油やエキスに気をつけることです。

洗浄力が強いシャンプーは刺激が強く、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

また、成分表の油やエキスは天然由来のものが多く体に良さそうですが、場合によっては肌に合わずアレルギーやかぶれにつながってしまうため、気をつける必要があります。

◆シャンプーの方法は?

シャンプーのやり方にも正しいものがあります。

あまりやっている人はいないですが、お風呂に入る前にブラッシングして髪の毛の絡まりをほどきましょう。

そして38度で前後のお湯で洗い流す。

熱すぎると肌に刺激が強くなってしまうからです。

シャンプーは手であわ立ててから、後頭部から順番に洗っていきましょう。

後頭部は髪の毛も硬く、刺激に強い方であると言われているからです。

そして、洗い終わったらしっかり洗い流し、ドライヤーまでしっかり行なってください。

◆まとめ

いかがでしたか?

確かにデリケート肌は遺伝的な要因が大きいですが、シャンプーだけでもこれだけやれることがあるということは、まだまだデリケート肌対策をやれることはあると知ってほしいです。

そして諦めずに対策していきましょう!

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。