フケの原因を知っていますか?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロンあとりえ月の庭です。

みなさん、フケに悩んだことはありませんか。

「頭をかいたら、肩の上にいっぱいフケが落ちてきた」などの相談を美容室ではよく聞きます。

フケは不潔にみられるし、できれば治したいですよね。

今回は、そんなフケを治すために、フケの原因をご紹介します。

1、頭皮の乾燥

健康な肌は通常ならば、28日間で生まれ変わります。

しかし、乾燥してしまうと肌の生まれ変わりが早くなってしまい、正常な頭皮の角質まで次々に剥がれてしまい、これがフケになってしまうのです。

乾燥する理由はたくさんあるので、心身ともに健康に気をつけて生活することが必要です。

2、アトピーなどの体質

乾燥肌や敏感肌の方はもともと肌荒れしやすいです。

シャンプーやパーマの影響もかなり受けやすいので、注意する必要があります。

自分の弱い肌質に合わせたシャンプーやトリートメントを使うことも非常に重要です。

3、ストレス

意外に思うかもしれませんが、実はストレスもフケには関係しているのです。

ストレスがたまると、体の免疫が低下してしまい、肌が荒れやすくなります。その結果フケが発生しやすくなるのです。

ストレスは発生するものなので、仕方ないですが、それを溜めないように心がけることが必要です。

4、ホルモンの崩れ

ホルモンバランスの崩れも実は原因になっているのです。

男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させ、フケが発生しやすい環境を作ってしまいます。

一方で、女性ホルモンが減ってしまうと肌の保湿力が低下して、乾燥してしまいます。

その結果、フケが発生しやすい乾燥肌になるのです。

このように、微妙なホルモンバランスで頭皮は保たれているので、それを崩してしまうとフケが発生しやすくなってしまうのです。

5、カラーやパーマの薬剤

カラーやパーマの薬剤の肌への負担は大きなものがあります。

カラーやパーマの薬剤はアルカリ性で、敏感肌の人だと、頭皮が荒れたり、痛くなったりする原因になることもよくあります。

そのため、カラーリングやパーマの後には酸性のシャンプーを使い、頭皮を弱酸性に戻すことが必要です。

美容室だと、美容師がそれらを考えてカラーリングの後のシャンプーやトリートメントでケアをしてくれますが、自分でカラーリングした場合はそういったケアができないので、肌トラブルになる可能性が高くなります。

どうでしたか。

以上が、フケの発生する原因です。

フケの発生する原因をしっかりと理解して、それに対してしっかりと予防するようにしましょう。

今は、フケに悩まされていない方も、いつフケが発生し始めるかはわかりません。

なので、発生してしまう前にしっかりと予防しましょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。