パサパサ髪にはカプサイシンとイソフラボン!

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

美しい髪の毛を維持するために、日々のトリートメントなどヘアケアに余念がない人も多いでしょう。

しかし外側からのケアだけでなく、私たちが摂取する食べ物や飲み物にも、美しい髪の毛に導くために役立つものが豊富にあります。

例えば、海藻類や卵などには、美髪効果のあるものが含まれていると言われています。

髪の毛の悩みとして多く見られるのが、髪の毛に潤いがなくなりパサパサになってしまうという状態です。

このパサパサ髪に効果が期待できるものとして、カプサイシンとイソフラボンが注目を集めています。

カプサイシンといえばトウガラシに含まれていることでも有名な成分で、イソフラボンといえば大豆製品などに含まれている成分としてもよく知られているでしょう。

まずカプサイシンとは、トウガラシに含まれるから主成分のことです。

舌の痛覚神経を刺激し、辛みとして認識される成分です。

カプサイシンは発毛育毛効果をもつ成分として、髪の毛を美しく保つことにも有効であるといえます。

カプサイシンが体内に入ると、アドレナリンが分泌され、たくさん汗をかきます。

これはカプサイシンの血行促進効果によるものです。

頭皮の血液がスムーズに流れなければ栄養が髪の毛に行き渡りません。頭皮にも血行促進が大切だということです。

次にイソフラボンの美髪効果です。

イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同様の働きをします。

エストロゲンは女性には欠かせないホルモンであり、美しい肌や女性らしい体を作り出す成分です。

しかしこのエストロゲンは分泌量が変動したり少なくなったりするので、意識してイソフラボンを摂取することが大切です。

イソフラボンを摂取することにより、イソフラボン髪のツヤとハリを生む効果が期待できます。

そしてカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると、美髪効果がさらにアップするといわれています。同時摂取で育毛効果の下となるインスリン様成長因子を生成することができるからです。この効果によってさらに高い育毛効果が期待できるでしょう。

カプサイシンとイソフラボンは食の面で合わせやすい成分であるとされていて、一緒に食べることが可能です。

例えばマーボー豆腐や納豆キムチ、そのほかにもキムチ鍋に豆腐を入れたり、冷奴にキムチやトウガラシをかけたりするものがあげられます。

料理が苦手な人にでも簡単にできるメニューが多いので、同時摂取はそれほど難しくはないでしょう。

美髪を意識して、同時接収を試してみると良いでしょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。