パサパサ髪にはオメガ系脂肪酸!

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

オメガ脂肪酸は体内で生成することができない必須脂肪酸であり、食べ物から摂取していくことが求められます。

具体的なオメガ脂肪酸としてはサバなどの青魚に含まれる通称DHA/EPA、えごま油に入っているaリノレン酸などが該当します。

オメガ脂肪酸は固まりにくい性質があるため、ある程度の量を摂取したとしても脂肪が吸収されにくいという脂肪酸です。

髪に与える効果としては、細胞の老化を防ぎ艶とハリを持たせるというものがあります。

他にも、血の巡りを良くする、ホルモンバランスを調整してくれる、新陳代謝を活発にしてくれるといった効果が考えられます。

髪の毛にとって大事なのは血行の良さ、髪の毛の成長ホルモンの分泌、そして、新陳代謝の活性化と言われており、これらをサポートしてくれるのがオメガ系脂肪酸ということです。

頭皮などを健康な状態にし、髪の毛に働きかけることによって、パサパサだった髪の毛が改善されていくことになります。

問題はどのようにしてオメガ系脂肪酸を摂取していくかですが、青魚を積極的に食べていくことが求められます。

サバやアジ、イワシといったものの中に多く含まれているため、できれば刺身などで食べるということが必要です。

これは熱を通すと酸化してしまう習性があるためであり、なるべく火を通さないことが前提となります。

しかし、毎日のように青魚の刺身を食べるというのはかなり厳しいものがあり、長続きしない可能性が大きいというのも事実です。

そのような、食事からとれない場合はサプリメントがおすすめです。

サプリメントであれば毎日のように服用することが可能になるだけでなく、どのタイミングでも飲むことができます。

食事制限をしているという人でもサプリメントで服用すれば何の影響もなく、髪の毛のためによいことをしていくことが可能です。

もちろん、可能な限り食事で摂取していくことが求められますが、限界があるため、状況に応じてサプリメントで補うということが自然です。

髪の毛に潤いを与える食事は他にもあり、アミノ酸、ミネラル、大豆などを積極的に摂取していくと効果的と言われています。

海藻はミネラルを多く含み、豆腐もまた女性ホルモンの一種であるエストロゲンがたくさん入っており、これらをサラダにし、えごま油をかけて食べるというのも1つのやり方です。

ヘアケアも必要ですが、体の内側から髪のパサパサを改善していくためにも青魚やえごま油を摂取していくことが求められます。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。