正しいトリートメントの使い方とは?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

ダメージヘアーに効果的と言われているトリートメントには様々な種類がありますが、使い方を間違えることによって効果がいまいち得られない場合があるので、性質を理解して正しい方法で使用することが大切です。

まず、一番最初にシャンプーをしますが、このシャンプーの洗い流しはしっかりとしておくことが必要。

シャンプーの不十分な洗い流しは髪の毛はもちろん、頭皮へ悪影響も及ぼします。

そしてシャンプー後、しっかりと水気を切った髪の毛にトリートメントをポンポンと叩くようにして塗布。

このように塗ることで、水分でふやけたキューティクルを傷めることなくしっかりと塗り込むことができるのです。

この時の注意点としては、頭皮に付かないようにするのがポイント。

トリートメントは髪の毛への栄養はもちろんですが、コーティング力の優れた物もあるため、頭皮につくことによってせっかく綺麗に洗った頭皮の毛穴が詰まってしまう原因にもなってしまいます。

頭皮の健康は髪の健康。

傷みがちな毛先を中心に塗るようにし、頭皮に付くことのないようにしましょう。

また、効果を高めたいからと、たくさんの量を使い過ぎるのもいけません。

一度に髪の毛が吸収できる量は限られているため、商品の使用方法にある適量を守って塗布するのが大切です。

その後、タオルを巻いたり、シャワーキャップなどを被るなどして少なくとも3分から5分は置いておくのがおすすめ。

できれば温かいタオルを更に上から巻くなどすると、浸透効果が高められるでしょう。

その後の洗い流しはシャンプーと同じくしっかりと行い、薬剤が残らないようにします。

また、髪の傷みが激しすぎて洗い流すタイプのものでは、なかなか美髪効果を実感できない場合、洗い流さないタイプもおすすめ。

この洗い流さないタイプを効果的に使用するコツとしては、シャンプー後の濡れた髪に適量を使うことです。

このタイプは乾いた髪に使用しても、それほどトリートメント効果を実感できないもの。

濡れた髪に使用すると、髪に含まれた水分と共に表面をコーティングしてくれる働きがあるため、更に長い時間潤いを持続できます。

このように利用方法をしっかり踏まえて使うことで、徐々に髪の毛が元気を取り戻してくるのを実感できるのがトリートメントの良い点。

また、洗い流すタイプ、洗い流さないタイプ、効果を上げるための共通のポイントとしてあるのが、手でしっかり絞るという方法の上に、しっかり乾いたタオルでタオルドライすることです。

このひと手間によって、より効果を実感することができるでしょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。