チャイルドフォトってなに?

Share on Facebook

チャイルドフォトとは小さな赤ちゃんの成長に関わる大事な節目をしっかりと記録に残すための写真のことを言い、最近人気が出てきている赤ちゃん撮影です。

赤ちゃんは、1歳を迎えるまでに大きく成長を遂げていきます。

生まれたばかりのねんねの時期から、一人歩きができるようになるまで日々めまぐるしく成長をしていきます。

この毎日、変わっていく赤ちゃんの人生の1ページをさまざまな節目を機会に 記録していくのがチャイルドフォトです。

それでは1歳になるまでの間で多くの方がチャイルドフォトを行う節目とはどのような時期があるのでしょうか。

まず、多くの方が撮影を行うのが100日記念日です。

100日記念日とは赤ちゃんが生後100日目を迎えた頃に一生食べ物に困らないように、健やかな成長を願い赤ちゃんに初めて食べ物を食べさせるお祝い行事のことをさします。

この100日記念日は大きな節目となるため、お祝いに赤ちゃん撮影を行う方が多いです。

次に多いのが生後6か月の誕生日をお祝いする1/2 誕生日です。

名前の通り、1歳になる誕生日の丁度半分になる誕生日の日、つまり6か月の誕生日に行います。

この時期は寝返りなどいろんなことが少しずつできるようになる時期であり、ねんね期を卒業しだす時期です。

これ以後、赤ちゃんは急激な成長をしていきます。

そんなまだまだねんね期の赤ちゃんの最後となる生後半年の時期にお祝いをして写真撮影を行う人が多いです。

また、この1/2 誕生日はハーフバースデーと呼ばれ、自宅でお祝いする方が多く、記念に残すために写真を撮るという方が多いです。

このように今しかない時間を記録することで、いつか成長した子どもに見せることが出来るだけでなく、両親の思い出作りにも役に立つのが赤ちゃん撮影です。

100日記念日や1/2 誕生日はいつもとは異なる素敵な衣装を着て赤ちゃん撮影を行う方も多く、いつもとは違う非日常の空間で更に記念日を迎えたことを実感できるとともに、子どもの成長を感じ取ることが出来ます。

そして、この衣装選びもチャイルドフォトの醍醐味なのです。

様々な色の衣装やお姫様・王子様のような素敵なものや普段着ることはない和装まであらゆる種類のものがありますので、選んでいるご両親も楽しい時間を過ごすことが出来ます。

特に赤ちゃん撮影は、赤ちゃんの素敵な笑顔をプロが引き出してくれますので、家で撮る写真とはまた一味違った思い出に残る作品が完成します。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。