イマドキ女子の新常識〜前髪パーマ〜

Share on Facebook

前髪は長さや形、分け目の位置によって雰囲気がガラッと変わります。

キツイ印象やわらかい印象と様々ですが、好みもあるので自分に合った前髪でイメージチェンジするといいと思います。

やわらかい印象にするのに1番大事なのは動きです。

動きを付けないとどうしても強い感じというかキツイ印象になってやわらかい印象が出づらいので前髪パーマやヘアアイロンなどで動きを付ける事がとても大事になります。

長さによってどのような動きを付けるかも変わりますが、短めの前髪のスタイルと長めの前髪のスタイルで紹介します。

短めの前髪パーマは、全体のスタイルにもよりますが、ユルめにかけてそれをブローで作るというのがキレイに動きが出ます。

どうしてもパーマだけでは毎日同じ形になるわけではないのでスタイリングが必要になります。

ヘアアイロンでやる人もいると思いますが、これはよりスタイルが長持ちしていいと思います。

ただ、ヘアアイロンはだいたい200°近い温度を髪に直に当てるので当てすぎはダメージの元になるので、当てる時間を約2秒以内にする事を意識するといいと思います。

それと、短めの前髪パーマのスタイルには、ワックスなどの油分の多いスタイリング剤はどうしても重たい感じになってオススメしません。

何も付けないか、もしくはスタイルをキープするためにハードスプレーを軽く表面に付ける程度でいいと思います。

長めの前髪パーマは、これはパーマの力で動きを出すのは正直ほとんど出来ないと思っていいです。

どうしても髪は長さが長ければ長いほど重力によって下にダレてしまいます。

いくらパーマで動きをつけても、濡れているときは動きが出ても乾くとほとんど出ません。

なのでヘアアイロンでしっかり動きを付けることをオススメします。

どちらかというと、後ろに流すスタイルはなんとなくクールな印象になるので、カールを残してクルクルした感じの方が柔らかい印象になっていいと思います。

スタイリングも短めの前髪と同じ様にハードスプレーを軽く付けるぐらいがオススメです。

今は昔のように1つのスタイルが流行ってそれをみんなが真似する時代と違って、一人一人が自分のなりたい印象に合わせて無限にスタイルがあります。

その中でも髪型、特に前髪は全体の印象を大きく変えるポイントになるので、自分に合ったスタイルを見つけてスタイリングも練習してみるといいと思います。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。