小顔に見える髪型

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

ヘアスタイルは顔を縁取る大事な額縁です。

この額縁をどんなものにするかで、印象が大きく変わってきます。

ヘアスタイルを決めるうえで大事なのは顔とのバランスです。

人それぞれ顔の形が違うように、似合うヘアスタイルも変わります。

小顔に見える髪型、というのはもっと多いオーダーですが、これも千差万別。

一概にこれが正しいとは言えません。

それでも小顔効果を期待してヘアスタイルを作る場合、押さえておきたいポイントがあります。

まず、顔を囲むように髪を残すということ。

前髪、サイドの髪を作り、なるべく顔の表面積を少なくする方法です。

頬骨にかかる髪の毛を一束残しておくだけでも効果があるので、すっきりとした髪型にしたい、でも小顔にもなりたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

前髪も小顔効果には欠かせません。

一般に目の高さぎりぎりでそろえると目が大きく見えるといわれています。

いわゆるぱっつん前髪がもっとも大きな効果がありますが、これは人を選ぶので年齢や雰囲気を考えてチョイスする必要がありそうです。

分け目を作って流すのが、誰でも取り入れやすく人を選ばないのでお勧めです。

斜めに下ろした前髪が頬骨にかかるようにデザインすると顔を囲むというポイントにも当てはまります。

全体のシルエットで小さな顔を演出することもできます。

美人の顔の形の定番は卵型ですが、ヘアスタイルもこの卵型、ひし形を目指すとキュッとしまった印象になります。

トップを高く、サイドにボリュームを持たせるのが基本になります。

肩の上でくびれを作るとひし形により近づきます。

逆にストレートでボリュームのない髪型は顔を大きく見せますので、難易度が高くなります。

ヘアスタイルにふわっとした軽い印象を持たせると目線が顔に集中するのを防ぐのでパーマなどを上手に使って仕上げましょう。

最近はダークカラーで抑えたヘアカラーをチョイスされる方も増えていますが、小顔効果を期待するならこれは正解です。

明るめの色は膨張色であるのと反対の意味で、暗めの色が顔周りにあったほうが締まって見えます。

最終的にはやはり、ひとりひとりにあったデザインやカラーを見極めることが重要になってきます。

年齢や仕事環境、ファッションの傾向によっても選びたい髪型、そして似合う髪は違ってくるものです。

客観的な意見はヘアスタイルを決めるうえで大きなポイントになりますので、サロンでゆっくりとプロのアドバイスを聞くのがおすすめです。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。