ベース型の人に似合う髪型

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

ベース型の顔の形は四角型とも言われ、エラが張っていて平面的、男っぽく見られやすいという特徴があります。

似合うヘアスタイルがないと嘆く女性も多いですが、実はそんなことはありません。

顔の形をカバーして女性らしく見せることは十分可能で、ヘアスタイルにはたくさんの選択肢があるのです。

まずはベース型の欠点となる点を抑えましょう。

避けなければいけないのは、特徴を全開に出した髪型です。

それは幅の広い前髪、肩口のワンレングスです。

顔が大きく見えてしまい、エラの部分も目立ってしまいます。

簡単に言うとちびまる子ちゃんの野口さんのようないわゆる「ぱっつん」状態です。

これは残念ながら似合う髪型とは言えません。

ポイントは横ではなく縦に強調を起き、エラの部分より上に目線を持っていくことです。

つまり耳のあたりにボリュームがあり、ふんわりしていると効果的だと言えます。

全体的に頭部が菱形になるように目指すと良いでしょう。

また、前髪を作る場合は目の真ん中くらいまでにしましょう。

流行りの「オン眉」にしたい場合も前髪の幅を狭くする方が似合います。

それから丸めに流れるような切り方をすると縦方向を強調することができます。

また斜め前髪も似合います。

前髪を伸ばしておく時には顔の辺りで内巻きにカールさせるとよりきれいに隠せます。

ですので、例えば髪を耳にかけるよりも下ろしている髪型がきれいに見えます。

例えば前下がりのボブなどもお勧めです。

顔周りがエラを隠すようなカットも素敵に見えます。

パーマでふんわり隠したりもできますし、内巻きのカットでもカバーできます。

要するに卵型の顔に近づけるような髪型に持っていくようにすると、より可愛く女性らしく見えるということができます。

ストレートのロングヘアもベース型を隠してくれます。

また、エアリーショートも目線が上の方に持っていけるので効果的ですよ。

もし暑かったり作業の邪魔になるので全部結んでしまいたい時は、耳のあたりでお団子にしたり、横に流して大きめのシュシュを使ったりすると、顔の形が強調されすぎないのでおすすめです。

パーマをかけていると間に空気が入るので、少しは暑さも緩和できるでしょう。

似合う髪型が少ないと言われているベース型の顔であっても、コツを掴んで上手に見せるとほとんど気にならなくなります。

実はたくさん似合う髪があり、ちょっと気になるところを隠すだけで、いろんな雰囲気を楽しむことができるのです。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。