黒染めをする時の注意点

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

大学生なら1度はする明るいヘアカラー。

しかし、就職活動やインターンが始まると、その明るいヘアカラーを黒色に戻さなければいけない場面が訪れます。

そんな時に、美容院に行かずに市販のカラー剤を使って黒色にする方も多いと思いますが、ここで知っておきたいのが、黒染めとファッションカラーの違いです。

ファッションカラーは、髪の毛の色を抜いてから色を入れる染め方です。

一方、黒染めは人工的な黒色の色素を髪の毛の内部に入れる染め方です。

ファッションカラーとは違い、髪の毛の色を抜かずに芯まで黒色の色素を入れるため、シャンプーをして多少の色の抜けはあるものの、次に明るくしたいと思っても、色が抜けないことがあります。

また、黒染めの黒色は人工的な色素であるため、不自然な程真っ黒になる可能性もあります。

いかがでしたか?

1度黒染めをしてしまうと、次に明るいヘアカラーをしづらくなる可能性があります。

したがって、1時的に髪色を暗くしたいのであれば、黒染めはおすすめしません。

また、市販のヘアカラーは強めの成分が含まれており、傷みの原因になることもありますので、美容院で染めてもらうのがベストです。

コメントは受け付けていません。