枝毛の処理の仕方

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

枝毛は髪の傷みが原因でおこります。

傷みが表面だけでなく内部にまでおこり、一番ダメージがあらわれやすい毛先が枝のように裂けてしまった状態になります。

髪を守るには乾燥や摩擦などの刺激を避けなければなりません。

シャンプーの時強くごしごしと擦ったり、ドライヤーの熱い風を近づけすぎるのはNGです。

かといって、濡れたまま寝るのもよくありません。

濡れて弱くなった髪が枕で擦れてしまうからです。

そして乾燥しているときはヘアクリームなどで保護し、毎日のケアに努めましょう。

それでも枝毛ができてしまった時はどう処理すればいいのでしょうか。

残念ながら一回できてしまった枝毛は再びくっ付けることはできません。

つまり切るしかないということです。

しかしただ切ればいいわけではありません。

毛先の裂けている部分だけ切っても、またすぐに裂けてしまうからです。

なぜなら枝毛は毛先だけの問題ではなく髪全体がダメージを受けており、内部からもろくなっているためです。

枝毛を処理するときは毛先から5センチは上を切ります。

コメントは受け付けていません。