漢方カラーで髪のダメージを軽減!

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

カラーリングをしているが髪の毛の傷みが酷いためにダメージの少ないものに切り替えたいという場合、漢方カラーがおすすめです。

漢方カラーは原材料に天然成分や天然由来成分を使用していて、頭皮に刺激となるような化学成分は最小限に抑えられています。

ですから、カラーリングを行っても頭皮にあまり負担をかけずに済みますし、髪の毛へのダメージもかなり抑えることができます。

髪の毛に良い成分として漢方やハーブが配合されていて、カラーリングを行うと髪の毛にハリやツヤが戻ります。

髪の毛を美しく保ちながら、同時に頭皮ケアも行えるようなタイプですので、カラーリングによる負担が気になり始めたら検討してみても良いかもしれません。

染め上がりは独特な仕上がりとなり、深みのある色合いが魅力です。

実は漢方カラーにはマイルドカラーとリメイクカラーがあるのですが、自然な仕上がりを期待するのならマイルドカラーを利用します。

マイルドカラーは漢方を主成分とした天然トリートメントをベースに作られています。

リメイクカラーは漢方によって髪の毛を保護しながら明るい色合いのカラーリングを行うことができます。

よりダメージが少ないのはマイルドカラーの方です。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

漢方カラーでおしゃれな白髪染め

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

白髪染めをしているとどうしても髪の毛の傷みが気になりますし、頭皮に負担がかかることで薄毛のリスクが高まるのではないかと不安になります。

確かにカラーリングの薬剤は頭皮に付着するとダメージを与えるものが多く、長年行っていくうちに少しずつダメージが蓄積されてしまう恐れもあります。

健康的にカラーリングを楽しみたい時には、漢方カラーがおすすめです。

原材料は天然成分が主ですので、化学成分の使用が最小限に抑えられていて髪の毛に優しいつくりになっています。

ハリやツヤを取り戻すことができるような商品もあり、漢方やハーブの作用によって潤いのある状態を取り戻すことができます。

カラーリングによる施術にダメージはつきものですが、漢方カラーならダメージを抑えることが可能です。

漢方カラーは深みのある自然な色合いが魅力的です。

白髪で悩み始める頃には髪の毛がやせ細ってきたり全体的な毛量が減ってきたと感じることも多いのですが、漢方カラーなら薄毛を改善したい時や髪の毛の質を太くて丈夫なものに育てたい時でも使えます。

明るい色合いには染まりにくいという特徴もありますが、白髪を染めるのなら深みのある色合いがかえって映えますので問題ありません。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

デリケート肌に優しい漢方カラー

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

漢方カラーの魅力は天然トリートメントを配合し、髪に優しい処方に仕上げていることです。植物由来の美容成分を中心に配合することで、敏感肌でも安心して使用できるようにしています。

漢方は髪にも優しく、ダメージを軽減することでうるおいを与えるメリットもあります。生薬10種類が髪に作用し、ツヤやハリなども引き出してくれるでしょう。

髪は非常にダメージを受けやすいですが、肌ほど気にする方は多くはないでしょう。そのためケアがおろそかになってしまい、パサパサ髪になってからケアを始めるという方は少なくありません。

漢方カラーは髪に優しいので、当然ながら頭皮にもダメージを与えません。紫外線や乾燥によって傷んだ髪を元気にする作用もあるので、通常のヘアカラーを使用できない方も試してみる価値があります。

カラーを使用すると頭皮が傷むという方もいますが、漢方カラーなら敏感肌でも問題はありません。

植物由来の美容成分が含まれているので、使用するほど髪の色艶がよくなっていくでしょう。

髪のアンチエイジングのためには、普段からの手入れが欠かせません。

ダメージを感じてから対処するのではなく、健康なときからケアをしておくことが将来の美髪を維持する上でも大切です。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

摂津市千里丘のあとりえ月の庭はデリケート肌の方におすすめです。

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

白壁と木目を活かしたオリエンタルシックなインテリアの店内は、ゆったりとしたスペースでお好みのヘアスタイルになることができます。

初めて来店をする際には、お得な特典もあり、安心して髪の毛のケアをすることができます。

あとりえ月の庭のこだわりは、丁寧なカウンセリングです。

施術前に15分から30分かけてしっかり髪の毛のお悩みや好みの髪型などを相談することができます。

施術後は、自宅でのお手入れ方法や、スタイリングテクニックのアドバイスを受けることも可能です。

あとりえ月の庭は、デリケート肌の方でも安心して行うことができるヘアカラーのメニューがあります。

ノンジアミンカラーというメニューで、頭皮のかぶれなどが原因でカラーをすることができなかった方でも安全にヘアカラーをすることができます。

頭皮に染みにくく、刺激が少ないのが特徴です。

いちごの香りで癒されながら施術を受けることができます。

また、縮毛矯正やパーマと共に施術をすることも可能です。

トリートメント成分が含まれているため、施術後は髪の毛の艶がアップします。

白髪染めをしたい方には、アンチエイジング漢方カラーというメニューがおすすめです。

漢方とハーブを主成分としたトリートメントがベースになっているヘアカラーで、髪の毛にコシやハリ、艶を与え、健康な髪に導く期待がもてます。

植物の生薬が10種類配合されています。白髪を染めながら、自由なカラーリングが可能なのが特徴です。

健康な髪と頭皮へ導くよう、一人一人にあった施術を行っています。

髪質がいたんでいる場合には、施術前に野生植物から抽出したミネラルと、海洋深層水を使用して髪の毛を補修し、健やかな髪の毛の状態で施術を行う工夫をしています。

使用しているトリートメントは短時間でしっかり潤うという特徴があり、ミネラル自体に電荷をもたせ、イオン化させているものを使用しています。

パーマは、かけるほどに髪の毛のコンディションが良くなっていくパーマ液を使用したメニューがあり、ウェーブ、ストレート、共におすすめです。

ホームケア用品が充実しているのもあとりえ月の庭の特徴です。

一人一人の髪質やお悩みに合わせてスタッフがチョイスをしてくれます。

特許を出願しているシャンプーやトリートメント、炭酸ミストケア用品というヘアケア用品をはじめ、メイクをしながらスキンケアをすることができる化粧品シリーズなど、豊富なラインナップがあります。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

デリケート肌に合うカラー剤選び

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

デリケート肌の人は肌に直接つくような化粧品やヘアケア用品を選ぶ時にはダメージの小さいものをしっかりと見極めなければなりません。

肌に合うものが見つかれば、ヘアカラーも安心して行うことができますので、自分に合う商品探しを行っておしゃれを楽しみたいものです。

デリケート肌の場合、ヘアカラーの種類によっては頭皮がかぶれて赤みが現れたり湿疹ができてしまうこともあります。

痒みや痛みが出ると常に頭皮が気になって落ち着かなくなりますので、そうなればヘアカラーを楽しむことができません。

一度そのような思いをした人はヘアカラーをすること自体を諦めてしまうことも多いのですが、デリケート肌でも使える商品はたくさんありますので選び方が大事です。

選ぶ時に注意したい成分として、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなどのジアミン系薬剤を覚えておかなければなりません。

ジアミンは化学物質であり、髪の毛を色々な色に染めることができるのですが、強い毒性を持つ成分ですので肌の弱い人には向きません。

一般的な肌質であってもその時々のコンディションによっては異変が現れることもありますので、肌の弱い人には非常にリスクの高い成分だといえます。

ジアミン系薬剤は一度異変が現れるとその後は二度と使えなくなります。

自宅でヘアカラーをする時だけでなく、美容院で施術を受ける場合にも使用されているものですので注意しなければなりません。

安心して利用できるカラー剤としては、最近ではヘナカラーが有名です。

ヘナカラーはミソハギ科の植物の粉末で髪を染めていくタイプのものであり、天然由来の成分が使われていますので肌に優しいといえます。

頭皮をいたわりながらヘアカラーを行えるだけでなく、傷んだ髪の毛を修復することもできますので、長く続けていくと段々と髪の毛も元気になっていきます。

また、デリケート肌にはカラー剤でなくヘアカラートリートメントを使うという方法もあります。

髪の毛のダメージを修復する効果に優れているタイプですが、ヘアカラーとしてもある程度は満足のいく効果を得ることができます。

肌に優しい低刺激にものがほとんどですので、皮膚のコンディションが低下している時にも利用できるのが嬉しいところです。

一度にしっかりと染められるタイプではありませんが、使っていくうちに徐々に自然な色になっていきますので、変化をゆっくりと感じられるタイプとなっています。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

デリケート肌に合うトリートメント選び

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

デリケート肌の人は、化粧品だけでなくトリートメント選びにも慎重になってしまいます。合う商品を見つけることができなければ、髪の毛のケアも十分に行うことができません。

しかし、艶やかで健康的な髪の毛を作るためには、トリートメントをしないという選択肢はありません。

ケアをしないで良いということではありませんので、正しい商品選びの方法をしっかりと覚えてパサ付きを抑えるように心がけることが大切です。

トリートメントにも色々な種類がありますが、デリケート肌に最適なのは洗い流さないタイプです。

洗い流すタイプの方が頭皮に液が残らないので意外に思われるかもしれませんが、実は洗い流すタイプの方が肌への負担は大きくなります。

その洗い流すタイプの液が頭皮に少しでも残っていると雑菌が繁殖しやすくなりますので、頭皮の荒れが引き起こされてしまいます。

すすぎを十分にしていると考えていても実際には流しきれていないことが多いので、デリケートな肌を持っている人は洗い流さないタイプを選んだ方が安心です。

成分的に見ると洗い流さないタイプが安心ではありますが、その中でもデリケートな肌に適した商品を探し出すことも非常に重要です。

おすすめは、天然成分が配合されているものであり、合成成分はできるだけ含まれていない方が刺激は小さくなります。

配合されている成分は逐一チェックして、以前に肌トラブルを起こしたことのある成分が含まれていないかを確かめることも忘れてはいけません。

天然成分配合の商品は一般的に安心だといわれていますが、細かく見ていくと不純物が混じっているケースも少なくありませんので、その点にも注意が必要です。

一見すると肌に優しいように思えても、実は皮膚に負担をかけてしまうような成分が含まれている商品もたくさんあります。キャッチフレーズなどに騙されず、配合成分をよく確認することが大切です。

自分に合う商品が見つかったら、あとは適量をつけるようにすることもポイントになります。

いくら肌に優しいタイプとは言ってもつけすぎればトラブルを引き起こす恐れがありますし、頭皮についてしまうと全く影響がないとは言い切れませんので、頭皮につかないようにすることも大切です。

正しい商品を選んで正しい使い方を心がければ、髪の毛はサラサラで艶やかになりますし、頭皮も健康な状態を維持することができます。

頭皮を健やかにすることは、美しい髪の毛を作る上で重要です。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

漢方カラーの色のバリエーションは?

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

髪と地肌に優しくゆっくりと染剤が浸透していくことで人気の漢方カラーは少々サロンでは高めの料金になっていますが、ヘアカラーを維持したい方、ナチュラルに仕上げたい方、髪にダメージを与えたくない方に人気です。

色のバリエーションは少なめですが、漢方の粉を混ぜて使うことができますので自分の肌色や髪色にあった微妙なニュアンスの色を作り出すことができます。

髪を1回で染め上げることができますので時間もかからず、頭皮にも髪にも負担が少ないと人気です。植物由来成分なので定期的に髪を染める人には理想的な染料です。

ヘナのカラーはオレンジブラウンしかなく、ほかの色を混ぜ込むことで化学物質を利用せざるを得ないということになります。

それに比べて漢方のカラーは明るさや鮮やかさも自由に選べます。繰り返し染めても髪が細くなったり、薄くなったりせず、長持ちすると評判です。

天然ハーブと組み合わせた香草カラーとして漢方カラーを販売しているサロンもあり、髪の質感も指通りも満足のいくものに仕上がります。

漢方カラーをするたびに髪質改善になりますのでおすすめです。似合うカラーをブレンドして作ってもらったり、一部にだけカラーリングするなどおしゃれ染めも楽しめます。

根元の立ち上がりがよくなりますのでボリュームも出てふっくら仕上がります。暗い感じで染めたい方にはライトブラウン、ブラウン、バーンブラウン、ライトブラウンなどがおすすめです。

ブラックにクリアをプラスしたり、ブラウンRにグリーンをプラスするなどしてトーンを調整することができます。

アクセントカラーにはイエローやオレンジ、レッド、パープルなど全24種類以上あります。

明るい感じで染めたい方にはナチュラルブラウンの4段階からベースを選び、パープルやイエローなどのカラーを組み合わせます。

23種類以上あり、透明感のある仕上がりになります。

トリートメント成分として10種類以上の漢方とハーブを配合し、染料に関しては厳しい基準で素材を選んでいます。

シリコン、防腐剤、界面活性剤フリーですので安心して使えます。

髪を傷めるものとして認識されていた白髪染めやヘアカラーがトリートメントとして利用できるようになるのです。

ハーブヘナも100パーセント自然原料のものが取り扱いされるようになってきており、染まりにくい白髪をきれいに染め上げてくれます。

2度染めも不要、オレンジ過ぎないナチュラルな仕上がりになります。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

漢方カラーをする上で気をつけるポイント

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

カラーリングをすることで、手軽におしゃれを楽しめる時代になりました。

しかし、カラーリングというのは髪の毛へのダメージが強く、おしゃれのために髪の毛の健康を犠牲にしている面がありました。

今まで使われていたカラーリングは、アルカリカラーと呼ばれていて、過酸化水素水を使うことで、キューティクルを開き、髪の毛の内部の色素を取り除いたり、カラー剤の色素を入れるという仕組みでした。

とても効果の高い方法で、市販されているカラーリング剤にも多く使われています。

アルカリカラーは高い効果があるためにこれほど普及しましたが、髪の毛への負担が強い方法です。

残留成分が継続的に髪の毛へダメージを与えてしまったり、地肌が染まってしまうなどのトラブルもあります。

そこで、髪の毛と地肌にやさしいカラーリングとして登場したのが、漢方カラーです。

漢方カラーは、10種類の漢方やハーブなどを配合されて作られています。

化学成分をできる限り使わないことで、髪の毛へのやさしさを実現しました。

ハーブや漢方にはトリートメント効果もあり、従来の1/10という低刺激でカラーリングを行うことができます。

ハリやコシなども回復させることができ、健康な地肌と髪の毛のためのカラーリングです。

漢方カラーは水溶性なので、施術の際も扱いやすく、時間の短縮に役立ちます。

化学薬品の配合量が少ないので、カラー剤の持つ独特の臭いや刺激を抑えることができ、施術中も快適です。

地肌が染まることもなく、安心してカラーリングを楽しむことができます。

様々なメリットを持つ漢方カラーですが、気をつけるポイントがあります。

それは、明るい色に染めることができないという点です。

明るくするためには、髪の毛の中の色素を取り除く必要があり、多量の化学成分が必要で、漢方やハーブにはその効果はありません。

また、漢方やハーブというのは、体にいいイメージがありますが、化学成分がまったく含まれていないわけではありません。

過去にカラー剤を使用して、肌が荒れてしまったり、アレルギーだと診断された場合に、同様の症状が出る可能性があるので注意しましょう。

特に、ジアミンという成分は漢方カラーに配合されていることが多く、ジアミンのアレルギーを持っているお客さんは気をつける必要があります。

含まれているジアミンの量は、アルカリカラーの1/10ほどで少量ですが、量に関係なくアレルギー症状は出てしまいます。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

漢方カラーの色もちってどれくらい?

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

漢方カラーは髪の毛へ与えるダメージが少ないため、人気が高まっています。

カラーで使用するカラー剤の原材料には天然成分や天然由来成分が使用されており、化学成分の使用が最小限に抑えられたカラーリングです。

施術によるダメージを抑えることができるのがメリットのひとつです。

漢方カラーの種類によっては、ハリや艶を髪の毛に与える効果がある漢方や、ハーブが配合されているものがあります。

漢方カラーの種類は、一般的にマイルドカラーとリメイクカラーの二種類があり、漢方を主成分とし、天然トリートメントをベースに作られているのがマイルドカラーです。

髪の毛へ与えるダメージが少ないのはもちろんのこと、自然な仕上がりが特徴です。明るい色合いのカラーリングをしたい場合にはリメイクカラーを行う場合が多くあります。

漢方で髪を保護しながらカラーを行うことができます。

漢方、ハーブの他、アミノ酸が配合されており、たんぱく質が髪の毛をカバーし、美しい髪の毛へと導く期待がもてます。

漢方カラーの色もちはどのくらいかというと、およそ1ヶ月から2ヶ月が目安です。

髪質の改善を行いながらカラーリングをすることができるため、定期的に施術を行うことで色もちが良くなる期待がもてます。

そのため、髪の毛のいたみが心配という方や、毛が細くなり、ボリュームがでないとお悩みの方、自然で深みのある色に染めたいという方、色味を長くもたせたいという方におすすめです。

色は、深い黒色から黄色、オレンジ、赤、紫、青、緑など、幅広い色味があるのが特徴です。

髪の毛のケアと共に、漢方カラーを行うことで頭皮の血行を促進し、新陳代謝をうながすことができます。

健康な髪の毛が生えるために必要な栄養が行き渡りやすくなるため、薄毛予防にもつながります。

また、抗菌、抗酸化作用も期待出来るため、頭皮と髪の毛を整えることができます。繰り返しカラーの施術を行っても髪の毛へのダメージが少なく、トリートメント作用があることで、より健康的な髪の毛に導くことができます。

施術に使用されるカラー剤は粉でできています。

水分を含んでいない粉末状であることかあら、界面活性剤や防腐剤の必要がなく、頭皮に塗布されずに施術を受けることができます。

シリコンなどの合成感触改良材や合成皮脂、人工香料なども含まれていないため、身体に優しいのが特徴です。

頭皮が敏感な方でも安心してカラーリングを楽しむことができます。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

漢方カラーが人気の理由

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

日本でも髪の毛をカラーリングするのが定着しました。

しかし、従来のアルカリカラーは、過酸化水素水によってキューティクルを開き、髪の毛のメラニン色素を脱色させたり、カラー剤を浸透させているために、ダメージが強いというデメリットがありました。

カラーリングをしたら、髪の毛がバサバサになってしまったという経験を持つ人は多いでしょう。

漢方カラーは、従来のアルカリカラーの1/10という低刺激でカラーリングができることが人気です。

トリートメント成分として、10種類もの漢方やハーブが配合されていて、化学成分の使用を最小限度に抑えたのがその理由です。

髪の毛はもちろん、頭皮への刺激も抑えることができ、体にやさしいカラーリングが可能です。アルカリカラーの刺激や臭いが気になる方に使って頂きたいカラーリングです。

漢方カラーのメリットは、ツヤ、ハリ、コシを髪の毛に与えられることです。パーマとカラーリングの両方を楽しみたいという方にも向いています。痛んでしまった髪の毛をどうにしかしたいと考える人にもおすすめです。天然素材が髪の毛をやさしくいたわってくれます。

漢方カラーでは、明るい色に染まりにくいという面があります。

しかし、アルカリカラーと比較すると深みのある色に染まり、独特な仕上がりになります。

自然な色合いなので、スタイリングもしやすく、ファッションも合わせやすいというメリットがあります。

明るい色にするためには、髪の毛の色を抜く成分を配合しなければいけませんが、これは化学成分であるため、せっかくの漢方やハーブのメリットを生かすことができなくなってしまいます。

漢方カラーを行ったお客さんの多くは、施術後の手触りが違うことに驚きます。

繰り返し使うことで、髪質が良くなり、ハリやコシも改善していきます。

髪の毛のキューティクルを引き締めて、育毛効果もあるために、髪が細く、ボリュームがでないお客さんにも試してほしいカラーリングです。

髪の毛と地肌にやさしく施術できるのが、漢方カラーの人気の理由です。

水性なので、施術にかかる処理も速く行うことができ、嫌な臭いもないので、お出かけ前の利用もできます。

地肌が染まってしまうことも、ほとんどなく、ダメージを修復するカラーリングです。

従来のアルカリカラーに見られる、髪の毛に残留成分があり、髪の毛が劣化してしまうのを防ぐ効果もあります。

おしゃれのために、髪の毛のダメージが必要だという時代は終わりました。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa